メニュー ホーム

誹謗中傷におけるキーワードの見つけ方!その内容とは?

実名で悪口が記載されているとは限らない

誹謗中傷対されているかどうかの確認と言うのは、本人の名前やお店の名前を検索をして調べる事が一般的ですよね。ただし、必ず実名で誹謗中傷されているとは限らず、中には曖昧な言葉を利用して特定できる表現で誹謗中傷を行なっている可能性がありますよ。例えば、ある駅前の前で展開をしている屋根が赤色のお店の中で販売をしている果物には虫が入っていると言う内容であれば、実名で無くても特定する事が可能ですよね。学校内であれば、ある小学校の三年生の一組の一番端に座っている前から三番目の人は、顔が不細工だと言う内容も、実名ではありませんが、特定する事が可能になります。誹謗中傷とは、必ず実名で言われているとは限りませんよ。もちろん、これらの内容は特定ができるため、訴える事が可能になります。

どの様にしてキーワードを探すのか

誹謗中傷における言葉と言うのは、ある一定の特徴を持ち合わせていますよね。例えば、学校内においては、学校名や、学年、クラス名がそれに当たる物であり、そのキーワードを利用して検索をすれば、実名が無くてもそれに関わる内容が検索結果として表示される可能性があります。お店などであれば、駅前や、扱っている商品などがキーワードとして扱う事によって調べる事が可能ですよね。誹謗中傷と言うのは、悪意が無くついついネット上に書いてしまう事もありますが、計画性が高く悪意のある誹謗中傷と言うのは、人がよく利用しそうなキーワードを狙って行う事もあるため、よく利用されそうなキーワードで検索する事もポイントですよ。

誹謗中傷対策業者に依頼をする

誹謗中傷と言うのは、それに詳しい専門家がいまして対策としてアドバイスを受ける事が可能です。実際に誹謗中傷が行われているかどうかの確認と言うのは、時間を要する物であり、仕事に支障を来たしたり学業に支障を来す事にも繋がってしまいますよね。又、どの様なワードを使って誹謗中傷が行われているのかも分からず、不安を抱えてしまう日々を送りかねない状態にもなってしまいます。もちろん、誹謗中傷対策を行なっている業者は、過去の事例などもよく知っているため、様々なキーワードを扱って徹底的に調査をしてくれますよ。ただ調査をするのみならず、その後の対応にも応じてくれる業者もあります。

誹謗中傷対策として、ネット上で、実際に誹謗中傷を受けたら、まず証拠を保全することです。対象となる掲示板サイト等の名前、URL、内容等を印刷しておきましょう。名誉棄損罪等が適用されることがあります。

カテゴリー:未分類

admin