メニュー ホーム

しっかりとした知識を持つことと確かな情報収集

利便性の裏側に広がる事実

昨今では、ネット誹謗中傷の問題がクローズアップされるようになってきました。ネット社会の浸透は、人々の生活に大きな利便性をもたらしてくれました。しかしながら、その一方で、人を傷つけてしまうなどのマイナス面についての話題も取り上げられるようになってきました。大切なことは、事実をどのように伝えるかなのですが、心無い人の書き込みなどがあることも事実です。そんな中でも、いわゆる誹謗中傷問題が深刻化しています。

メリットとデメリットが背中合わせ

ネット誹謗中傷によって、日々の生活に支障をきたすという事態に追い込まれる人が多くいるのも事実です。芸能人や政治家、スポーツ選手などは、その職業の性質上、テレビやネットなどの媒体において、露出の多い仕事であり、良い悪いを別にして、瞬く間に評判が広がってしまうのです。ネットなどの媒体を通じて人気を得るなどが多いだけに、マイナス面の影響も多いといえるでしょう。そこにネット社会の持つ怖さがあるといえます。

子供にも広がりを見せる

ネット誹謗中傷の解決に向けた取り組みが行われているのも事実です。サイトを運営する側の徹底的な管理に大きな期待が寄せられています。ネット誹謗中傷は、子供のいじめ問題にもつながりかねないとして警戒されています。現代では、自宅でのパソコンはもとより、スマホやタブレット端末などと子供がネットに接続する環境も整っています。ややもすれば、好奇心の旺盛さによって、大人以上のリスクに直面しているともいえるでしょう。

ネット誹謗中傷は単なる悪口のように思えますが、内容によっては名誉棄損など法を侵すこともあり得るのです。

カテゴリー:未分類

admin