メニュー ホーム

ネットで誹謗中傷されないために!対策するポイント3選

自慢げな事をむやみに話さない!

ネットで誹謗中傷される人は、なにかしら原因があるからなのです。やはりその理由で最も多いのは、「自慢げな記事を公開するから」でしょう。誰しも自慢されると、いい気持ちはしないはずです。これは対策しなければなりませんね!全く自慢しないのは難しいでしょうから、そのような内容の記事を投稿する頻度を減らしましょう。また、誰かを尊敬しているといった記事や憧れているという記事は、周りに好感を持ってもらえますよ!このバランスを考えて、ネットを使いましょう。

自撮りをあげるのは程々に

次に対策すべきなのは、写真です。最近は自分の写真を撮って、ネット上に公開する人も増えてきました。これも先ほどの自慢と変わらないのかもしれませんが、やはり写りがいいものをピックアップして公開しますよね?この行為を頻繁にしている人は、誹謗中傷の対象になるかもしれません。「自撮りが多い=自分の顔に自信がある」というのが、周りにも伝わるんでしょうね。自撮りを載せたいのであれば、頻度を考えて投稿しましょう。

個人情報には注意!友達にまで被害が及ぶかも

さて、誹謗中傷されないための対策を紹介しました。しかし、このような対策をしていたって誹謗中傷されてしまう可能性はあります。ネット上は全世界の人によって使われますからね!そのため、誹謗中傷されたときに被害が広がらないための対策も必要です。最も気をつけなければならないのは、「個人情報の公開をしない」こと。名前はもちろん住所や学校・会社名、最寄駅など個人が特定できてしまう情報はNGです。友達にも被害が及びかねないので、友達との写真もあまり投稿するべきではないでしょう!

SEOは特定のホームページの検索順位を上げることですが、逆SEOは逆にホームページの検索順位を下げることになります。

カテゴリー:未分類

admin